身体がサビ付くとは

身体がサビ付くとは

身体がサビ付くとは|アンチエイジング

身体がサビ付くということをネットでよく耳にします。

 

ここでいう身体がサビ付くとは、人間の身体の細胞が壊れていく、老化の要因の症状が現れることです。

 

サビとは、美容・病気・老化の原因となる活性酸素からの害のことで、活性酸素により細胞が壊れて行き、身体の中で、いろいろな病気や美容面では肌に障害が発生するということです。

 

具体的には、病気では糖尿病やメタボリックシンドローム、老化や美容では、内臓の老化や美容では、肌のくすみ、シミ、しわ、にきび、アトピーなど、多岐にわたります。また、アレルギーも活性酸素が原因の身体がサビ付く症状の一つです。

 

 

活性酸素は、ミトコンドリアがエネルギーを作りだすときに、一緒に作られてしまう副産物です。

 

私たちの細胞内のミトコンドリアは、質がよく(若々しく)元気であれば活性酸素の発生量は少なく、細胞の破壊も少ないので老化や病気の進行、美容面でも肌のトラブルなども抑えることが出来ます。

 

人間の身体の中には、もともと、活性酸素を除去する酵素がありますが、その酵素の分泌量は加齢とともに減少してしまい、20代に比べ、40代では6割に、60代には何と4割になってしまいます。この結果、歳をとったらそれだけ体内の活性酸素が増えて、私たちの身体は、酸化して行きます(サビ付いて行きます)、

 

酸化するということは、活性酸素の酸化力が強まっていくと言う事になるので、そうなると、活性酸素で、細胞内のミトコンドリアが破壊されるので、ミトコンドリアがますます少なくなるという悪循環に陥ります。

 

 

この悪循環えお絶ちきるのが、水素水に豊富に含まれている水素です。

 

活性酸素を除去する方法は、水素を体内に多くとりこんで、活性酸素を水素で洗い流すという方法が一番最先端の方法です。

ホーム RSS購読 サイトマップ