活性酸素の発生量はストレス発生時が最多

活性酸素の発生量はストレス発生時が最多!

活性酸素は、いつ発生するのでしょうか?

活性酸素は、人間のストレスと関係があることがわかってきました。

 

活性酸素は、ストレスの多いときに多く発生する
活性酸素は、急に酸素が増えた(多く入ってきた)時にも多く発生する

 

私たちが生活している社会では、ストレスの多い社会です。ストレスとは無縁という人はとても少ないでしょう。

 

 

ストレスが活性酸素の発生につながるメカニズムをお話します。

 

私たちの身体や心は、ストレスを感じると、副腎皮質からコルチゾールという名前のストレスホルモンを排出します。
このコルチゾールというストレスホルモンが分泌されると、血管が収縮し血圧が上がり、血糖値も上昇します。

 

血圧が高くなり、一時的には、血流が速くなり血管が収縮するので、酸素が少ない状態に陥ります。

 

しかし、この状態を長く続けることができなくなり、その後、緊張状態から解放されます。

 

 

この解放されたときに、収縮していた血管が広がり、一気に血流が増えて、酸素が急増します。
実は、この時が活性酸素が一番多く発生する瞬間なのです。

 

 

このような仕組みで、ストレスが活性酸素を多く発生させていることがわかってきました。

 

身心的にとても辛い環境に長くいたりすると、とても歳をとった様な容姿になります。

 

顔のしわやシミ、白髪などは活性酸素が大量に発生した結果、細胞が壊れて、その症状が身体の表面に現れた状態です。

 

 

 

また、ストレスは、感じ方もとても大きな個人差があります。
同じストレスでも、何とも思わない人もいますが、とても大きなストレスとして感じる人もいます。

 

私たちの生活している社会は、ストレス社会ですが、耐ストレス性を上げるなど個人でもストレスとそれに関する活性酸素を発生させない様に務めると共に、発生したストレスを水素や水素が豊富に含まれている水素水などを飲むようにして、活性酸素を身体から排出するようにしましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ